TOPICS

LAP NEWS

【北海道新設】東川サテライトオフィス始動

【北海道新設】東川サテライトオフィス始動

北海道で働きませんか?

ここは大雪山連峰、東川町。
標高2,291mを誇る「旭岳」のふもと町。

町の至るところから大雪山が感じられ、
アパレルやセレクトショップにはウエアやギアが並び、カフェに集う人々の関心も旭岳に注がれる。

山とともに暮らす。

このように聞くと、タフな感触を得る。

だがしかしここ東川町は、ともすれば日本でもっとも”開かれた”町だ。
リベラルというか、人種の坩堝というか。
なんと人口の半数以上がここ10年で移住してきた”よそ者”という衝撃。

加えて日本で初めての”公立の”日本語学校があるということで、外国人の姿も非常に多く見受けられる。

人口わずか8,000人ほどの町なのに、なんと世界と近い雰囲気だろうか。
洗練された雰囲気は町役場からもヒシヒシと感じられ、テクノロジーの力もおおいに活用される。

山と暮らす = ワイルドさ
世界に開かれた = 洗練

この広大な北海道の地で、まさか相反する2つの要素が介在する町が存在しようとは、夢にも思わなかった。

だからこそ。

2021年”世界の100人”に選ばれた
世界的建築家・隈研吾さんが動いた。

4棟のサテライトオフィスを建設した。

北の大地で

自然
建築
音楽
テクノロジー

が融合した。

隈研吾さんが描いた理想形。

ラフ&ピース合同会社の未来形。

北海道編
ここにスタート。

OTHER
GO TOP
LAUGH & PEACE, LLC